読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ドラから学ぶ

今、朝7時台に「ゲゲゲの女房」の再放送が

やっておりまして、このドラマで向井理さんを

好きになった私は、結構楽しみにみてるんです。

でね、

今日の放送で気になることがあってさ。

まだ水木しげるさん独特の

マンガが売れる前の、苦労している時なんですが、

水木さんがある出版会社に自分のマンガの出版交渉に

行くのですが、その編集長の言葉が気になってさ!!

なんて言ったかというと

「今の時代、戦闘ものか、ギャグか、スポーツもの

じゃないと売れないよ・・・・」と・・・・・

おやおや・・・・

戦闘もの、

ギャグ、

スポーツ・・・

これって、アメリカの十八番(おはこ)なもの・・・

こんな時代から、

子供のマンガに、日本人の世界観よりも

アメリカ意識というか

アメリカすごい~~意識を

日本人の無意識に

洗脳してきたのかしら・・・

なんて思ってしまった。

だって、なんでアメリカ・ヨーロッパには

無意識になんかすごいを思ってしまうのかが、、

自分が自覚して勉強して学んだものからでなく、

勝手になんかすごいって、いつのまにか

思っていたから、不思議ではあったさ。

こうやって、子供の時から

戦闘もの、

ギャグ、

スポーツ

にハマっていたら、

もともと持っていた

日本人のわびさびとか

そんな奥ゆかしい世界なんて

、骨抜きにされてしまうんだろうなあ・・・

洗脳なんてワイドショーで騒いでる世界は

可愛いもので、

皆がやっていて

洗脳されてるとか、おかしいとか気づかない洗脳が

本当は一番怖いよね。