読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極道の妻という「海」

海とお魚パート2

わたくし時折、”カチン~”と頭の中で

音がした時、人格が変身して

口調がちょっと乱れまして、

「くそ・・・・」なんて、

ポロっと洩れてしまいますの・・・オホホ~にひひ

それを聞いていた Aさんがどこの組の御方?

とギャクのような、その口調ありえない~叫び

ようなマジ顔で聞いてくる。

わたくし、それ聞いて

”こんなの日常会話や!!

あんたこそ、どこのお坊ちゃんや!!”

と心のつぶやきも、ちょっと乱れ気味

シラー

そんな中

ある日、Aさんと何気ない日常の話で

盛り上がっていた時

わたしの、「極道の妻」の岩下志麻さんが好きなんだとう

話題になり・・・

Aさんが思わず 「なんで好きなの?」って

聞いてくるから、

極道の妻の映画の1シーンで

岩下志麻さんが、相手の組におとしまえをつけるのに、

相手からやられる前にですよー

自分の足甲に日本刀を垂直に刺したんですよ。

で志麻さんは・・・

「これで、ええかあー」と言い放って

その場を去っていったの。

この命をかけたカッコよさ!!なんて熱く語ったら・・・

Aさんが、「だからか~~~」と。

?????何が?と私。

私が時折、口調が乱れるのが

Aさんにはあり得ない事だったが、

私が、志麻さんのような女性を

カッコイイ~~~というイメージがあるからなのね~

と納得したらしい!!

よかった よかった。

私が言った言葉を「お魚」に例えたら、

「海」はその言葉を使う私の背景・イメージ

なんですね~。

なので、同じ言葉を聞いていても、

全く違ったイメージをお互い持ってるので、

海=背景・イメージの共有・理解が大事なんです~

ペタしてね